にしだファミリークリニック
お知らせ 医師のご紹介 診察日・地図 初診の方へ 女性外来 婦人科相談室 お問い合わせ
リンク集 トップページ
女性外来
婦人科外来
女性外来インデックス▼
更年期障害

 更年期とは、卵巣の機能が低下し始めてから、完全にその機能がなくなるまでの、閉経(50才前後)をはさむ、5〜10年くらいの時期を指します。その時期には、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減ることにより、心や体に様々な障害を引き起こします。

 更年期障害の症状:のぼせ、ほてり、発汗、手足の冷え、動悸、不眠、イライラ、不安、憂うつ、頭痛、めまい、疲労感、肩こり、腰痛、性交痛、尿失禁、肌荒れ・・・・など、実に様々な症状が起こります。単にホルモンの低下ばかりでなく、家庭内や社会的な問題が複雑に絡み合って、症状を悪化させることもあります。

 開業以来、何百人もの更年期と向き合ってきました。カウンセリングだけで良くなる方も多く、それぞれの置かれた状況を把握し、精神的、内科的な疾患も含めて、トータルに治療することの必要性を日々感じています。当院では、簡略更年期指数(SMI)をチェックし、血液検査を行ない、貧血、肝機能、コレステロール値、ホルモン値などを測定します。更には骨量を測定し、治療の参考にします。子宮がん検診、乳がん検診も定期的に実施します。
グラフ
〈グラフ:年齢によるエストロゲンの推移〉

 治療としては、対症療法(精神安定剤、抗うつ剤、睡眠導入剤、自立神経調節剤、鎮痛剤、末梢血管拡張剤、骨粗鬆薬、骨盤底筋体操)、漢方薬(加味逍遥散、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散など)、ホルモン補充療法、カウンセリング、などがあります。
HRT(ホルモン補充療法)は少なくなったエストロゲンを補うことで、更年期の様々な症状を改善する治療法です。年令、症状に応じて、数種類のエストロゲンから選択します。さらに、プロゲステロンとの組み合わせで、何通りかの服用の仕方があります。特に骨粗鬆症の方にはHRTはおすすめです。

 それぞれにあった治療方法を選択しますので、オーダーメードの治療が可能です。
簡略更年期指数(SMI)をダウンロードして、あなたの更年期障害の程度を調べてみてください。その結果を持って受診されるといいですよ。
腹圧性尿失禁(尿もれ)

 女性の尿道は短い上に、出産や加齢により尿道の蛇口の役目をする尿道括約筋が緩むため、咳・くしゃみ・重いものを持つなどの腹圧がかかると尿もれが起こりやすくなります。
まずは、骨盤底筋体操(ケーゲル体操)を基本にし、薬物治療(抗コリン剤、漢方薬など)を加えることもあります。重症の場合、手術(TVT手術など)をお勧めすることもあります。

子宮脱、子宮下垂

 出産や加齢により、骨盤底の筋肉や靭帯が引き伸ばされたりすることによって、引き起こされます。膀胱や直腸が下がることもあり、それぞれ、膀胱瘤、直腸瘤と呼ばれます。
歩行時や腹圧をかけた時などに、下がりやすくなります。症状の軽い場合は骨盤底筋体操、あるいは、リングペッサリーと呼ばれる輪を膣の中に挿入します。重症の場合は手術をお勧めします。

骨粗しょう症検診

 手のレントゲン写真により、測定します。
 女性の骨量は、エストロゲンが低下する50歳頃から急速に減少し、老年期に骨粗しょう症が発生する頻度は高くなります。更に、若い頃のダイエットなどによって、低エストロゲン状態が続いたり、カルシウムの摂取が不足したりすると、将来骨粗しょう症を発症する危険が高まります。骨が折れてからでは遅く、早い段階から対策を講じる必要があります。

 
■日本更年期医学会:http://www.j-menopause.com/data/page/shimin.html
更年期の解説

 

女性外来インデックス▼
お知らせ医師のご紹介診療日・地図初診の方へ女性外来 婦人科相談室 お問い合わせリンク集TOP PAGE
ライン
にしだファミリークリニックは心と体のトータルな健康をお守りするライフパートナーです。 Copyright (C) Nishida Family Clinic All Rights Reserve
 
 

スマートフォン版

スマートフォン版