にしだファミリークリニック
お知らせ 医師のご紹介 診察日・地図 初診の方へ
リンク集 トップページ
女性外来
婦人科外来
女性外来インデックス▼
月経困難症(生理痛)

 月経とは、簡単に言えば、女性ホルモンによって増殖した子宮の内膜が、剥がれ落ちることです。 血液を押し出そうと子宮筋が収縮することにより月経痛が生じます。この際、プロスタグランディンという痛みの成分が血中に増え、腹痛や腰痛のほかに、頭痛、吐き気などが起こることもあります。
 月経痛を起こす疾患としては、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、骨盤内うっ血症候群、などがあります。子宮頸部が狭い若い女性では、月経血が子宮頚部を通る時の痛みが強くなりがちです。卵管の炎症、お腹の中の癒着など、他の病気による腹部の痛みが月経中に悪化することもあります。
通常、非ステロイド系抗炎症薬が痛みの軽減に効果的です。
日常生活に支障が出るほどの痛みであれば、ピルにより排卵を抑えることで、月経痛が楽になります。
骨盤内の静脈が太くなって蛇行し、その部分に血液がたまって静脈瘤が生じた状態を骨盤内うっ血症候群といいます。‘重りをつけたような’と形容する人もいます。
 月経痛の原因疾患の有無を診察し、鎮痛剤、ピル、漢方薬などで治療します。

月経(生理)不順、無月経、卵巣機能不全

 女性ホルモンは、卵巣から出ているエストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)だけでなく、それをコントロールするホルモンである、LH(黄体化ホルモン)、FSH(卵胞刺激ホルモン)が脳の下垂体から出ており、さらには視床下部というところから、下垂体のホルモンをコントロールするしくみができています。
視床下部は呼吸、血管、体温、などの調節を行う自律神経の中枢であり、節食や性行動など行動の中枢であり、怒り・不安・ストレスなどの情動中枢でもあります。下垂体に影響を与え、また、全身のホルモンの増減を察知して大元のホルモンをコントロールする指令部となっています。そのため、心や体の変調が女性ホルモンを乱し、無月経や月経不順になることもあれば、逆に女性ホルモンの異常から体調を崩すこともあります。
 ストレス、生活習慣の乱れ、環境の変化、体重の過度な増減、無理なダイエット、激しい運動、他の薬剤やプロラクチンなどの他のホルモンの影響で排卵が止まったり遅れたりして、月経が不順になることがあります。
 ホルモンを出さない状態が長く続くと、治療が困難になってくることがあり、低エストロゲン状態が長く続くと、骨塩量の低下を招くことになります。ホルモン治療の他に、カウンセリングや抗うつ剤、向精神薬が必要なケースもあります。
 当院では、超音波検査、ホルモン検査を行い、治療に際しては、単に【ホルモンのアンバランス】で片付けることなく、メカニズムを説明し、ストレスや無理なダイエットなどが背景にある場合はカウンセリングも行なっています。原因や年齢に応じて、ピル、漢方薬、排卵誘発剤、黄体ホルモン、卵胞ホルモンとピルの周期的投与などを行ないます。基礎体温表をつけていただくこともあります。

PMS(月経前症候群)

 月経の1週間〜10日前からの、心身の不調が強い場合をいいます。体がだるい、首や頭が痛い・重い、下腹部が張る・痛い、乳房が張る・痛い、腰が痛い・重い、手足がむくむ、体重が増える、ニキビが増える、イライラする、気分が落ち込む、怒りっぽくなるなど、様々な症状が現れます。排卵後に分泌される黄体ホルモンのなせる技でもあるので、ちゃんと排卵が起こっている証拠とも言えます。
 ストレスをためない、バランスのとれた食事、適度な運動などに気をつけることが大切ですが、漢方薬、利尿剤、抗うつ剤、ピルなどの薬物治療も有効です。
  月経前になると、体重が1〜2kg増える人の場合、肩こり・頭痛・お腹の張り・便秘などが出てくることが多く、利尿作用のある薬がよく効きます。ピルは排卵を抑えることで、黄体ホルモンの量を減らすことができるため、PMSのつらい症状緩和に役立ちます。

子宮筋腫

 子宮筋の中やその周辺に存在する良性腫瘍(コブのようなもの)で、生理の量が増える、生理痛がひどくなる、などの症状を引き起こします。筋腫のできた場所によっては、貧血になるほどの月経量になることがあり、要注意です。他に、下腹痛,腰痛,腹部の張り、頻尿などを訴えることもあります。
 治療には、副作用の少ないピルをよくお奨めしていますが、喫煙者、高脂血症、肥満、高血圧の方などでピルが使えない方には、漢方薬も選択肢になります。筋腫は閉経後には逆に少しずつ小さくなりますから、貧血治療だけをしながら、ひたすら閉経を待っている人、定期的にがんの検査をしながら、大きさをチェックしている人が大多数です。
  粘膜下の子宮筋腫、貧血の治療が追いつかないくらいの過多月経の人、細胞診で異常が出た場合、大きな筋腫の場合は、手術の適応になります。注射や点鼻薬でエストロゲンを抑えて治療する方法もあります

おりものの異常、細菌性膣炎・カンジダ膣炎、その他の膣炎

 おりものが増えた、との訴えで来院する方のほとんどが、細菌かカンジダのどちらかであることが多いようです。腸内細菌、常在菌、の他、淋菌、トリコモナス、クラミジアなどが原因になります。カンジダは、腸に常在するものですが、疲労・ストレス・妊娠などで抵抗力が弱まった時や、抗生剤やステロイドを使用した後などに罹りやすくなります。
  当院では、来院回数をできるだけ減らすよう、膣剤の挿入がご自身でできる方には膣剤と軟膏を処方しています。もちろん、挿入できない方には通院していただくこともあります。

   
性行為感染症(性病)

STD(クラミジア、トリコモナス、淋菌、コンジローマなど)の検査と治療、エイズ検査

 クラミジアは最近特に増加の著しい感染症で、初期には症状に乏しく、感染に気付かないままパートナーに移してしまい、どんどん感染が拡大しています。おりものの異常、腹痛、腹膜炎、不妊症、生まれた赤ちゃんが結膜炎や肺炎を発症する、などにより感染がわかることもあります。また、クラミジアなどにかかっていると、エイズに感染しやすくなるため、早めにきちんと治しておく必要があります。淋病も抗生剤による治療が必要です。トリコモナス膣炎は膣剤と内服薬により治療します。コンジローマに対しては、当院では液体窒素による凍結治療を行っています。
生活習慣病

 メタボリック・シンドロームや生活習慣病の管理にも積極的に取り組んでおります。高血圧、心臓病など専門的知識を要するような内科疾患の場合は、内科医師が診療にあたります。

腹圧性尿失禁(尿もれ)

 女性の尿道は短い上に、出産や加齢により尿道の蛇口の役目をする尿道括約筋が緩むため、咳・くしゃみ・重いものを持つなどの腹圧がかかると尿もれが起こりやすくなります。
  骨盤底筋体操を基本にし、薬物治療(抗コリン剤、漢方薬など)を加えることもあります。手術(TVT手術など)をお勧めすることもあります。

骨粗しょう症検診

 手のレントゲン写真により、測定します。
 女性の骨量は、エストロゲンが低下する50歳頃から急速に減少し、老年期に骨粗しょう症が発生する頻度は高くなります。更に、若い頃のダイエットなどにより、低エストロゲン状態が続いたり、カルシウムの摂取が不足したりすると、将来骨粗しょう症を発症する危険が高まります。骨が折れてからでは遅く、早い段階から対策を講じる必要があります。

避妊

 ピル(OC)の処方、IUD(避妊リング)の挿入・抜去(銅付加IUD・黄体ホルモン持続放出型IUDも扱っています)。年令や環境によって、最適な避妊法を考えていきます。また、最後の手段としての緊急避妊用のピル(モーニングアフターピル)も処方しています。

子宮がん検診

 近年、若い女性の頚癌が増え、20才から年1回の検診が勧められています。不正出血、月経異常、おりものの異常、子宮の腫大がある時には体癌の検査も必要です。尚、横浜市在住の方は2年に1回、市の補助が受けられます。

不正出血

 月経以外の出血は器質的なもの(子宮や膣に原因のあるもの)と機能的なもの(ホルモンが関係するもの)に分けられます。
器質的なものには子宮腟部びらん、子宮頚管ポリープ、子宮筋腫、子宮頚がん、子宮体がん、萎縮性膣炎、などがあります。子宮膣部びらんとは子宮の入り口のただれ、もしくはただれのように見える状態で成人女性の7割くらいにみられ、病気とは限りませんが、念のために子宮ガン検診を受け、悪性でないことを確認しておく必要があります。
機能的な不正出血で多いのは排卵に伴う出血です。排卵期のおりものの増加と共に少量の出血が1〜2日間見られます。逆に、出血から約2週間後に月経があれば、その出血は排卵期出血であった可能性が高くなります。排卵期出血は生理的に起こりうるものであり、異常とは言えません。
  無排卵周期には不正出血が不規則に起こり、量が多かったり、逆に少なかったりします。初潮間もない頃や、閉経前には誰にでも起こりますが、ホルモン治療を要することもあります。

月経をずらす

 受験、旅行、結婚式などに生理がぶつかりそうなので、ずらしたい。
ピルによって月経の変更をします。

※内診を望まない方に無理に内診をするようなことはありません。しかし、診断・治療のために、どうしても内診が必要になることもあります。
 
女性外来インデックス▼
お知らせ医師のご紹介診療日・地図初診の方へ女性外来 婦人科相談室 お問い合わせリンク集TOP PAGE
ライン
にしだファミリークリニックは心と体のトータルな健康をお守りするライフパートナーです。 Copyright (C) Nishida Family Clinic All Rights Reserve